2006.10.02 駒井家住宅
駒井家住宅

もはやレトロ建築めぐりは趣味のひとつ。先日、京都市左京区北白川にある旧駒井邸を見学してきました。遺伝学者で京都大学教授だった駒井卓博士の私邸として建てられたそうです。設計はウィリアム・M・ヴォーリズ。昭和2年に建てられた瀟洒な洋館です。(パンフレット参照)
駒井家住宅

アーチ状の窓が美しい!
サンルームには明るい日差しが差し込みます。
駒井家住宅
最寄り駅は叡山電鉄茶山駅。京都精華大学に通っていた頃は毎日この電車を使っていたのですが、こんな素敵な建物が叡電沿いにあったなんて!この手の洋館としては比較的小さく、かわいいという言葉がぴったりくる建物でした。ナショナルトラストのスタッフさんが丁寧に案内してくださいます。
駒井家住宅

駒井家住宅

駒井家住宅

▼ドアノブには本物の紫水晶(アメジスト)が使われていました!
駒井家住宅

螺旋階段には黄色のステンドグラスからやわらかな光が差し込みます。
駒井家住宅

二階は意外にも3部屋のみ。
駒井家住宅

駒井家住宅

駒井家住宅

▼駒井卓博士の書斎
駒井家住宅

ひととおり見て回ったあと、お庭に出てみました。
駒井家住宅

駒井家住宅

駒井家住宅

駒井家住宅

毎週金・土曜日の午前10時~午後3時まで見学できます。
修復協力金:1,000円

駒井家住宅の居間でW・Mヴォーリズ関連書籍を何冊か閲覧できす。そこで、『京都の洋館』という本を購入。またこの本を手にレトロ建築めぐりをしようと思います(^^)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/86-2cea44f6