2006.10.08 船場建築祭
船場建築祭

10月7日(土)、予告していた船場建築祭に行って来ました!朝日・大学パートナーズシンポジウムの一貫で、今回は大阪市立大学の橋爪紳也先生主催のイベントです。

ここ一年の間に一気に近代建築に興味を持ち始めたため、橋爪先生のことは各メディアを通してよく存じ上げていたのですが、今回お話を聴く機会ができて本当によかった!そして、何より参加しておもしろかった!楽しかったです!

会場に入ると本城直季氏の撮りおろし写真5枚が大パネルで展示されていました。
本城直季

そして、橋爪先生の大大阪タイムマシンもパソコンで堪能できるコーナーも設けられていました。
大大阪

あと、受付では大オオサカまち基盤の「大バングッズ」、それに『大阪人』などの近代建築関連書籍も販売されていました。『memu vol.06』特集 人の力が作る大阪空間を購入。表紙がダイビルたたずむ橋爪先生の写真だったので(笑)。あ、そうそうP.8に阪急ビルの昔の写真もありました。(たぶんこれも橋爪コレクションのひとつ)
▼大オオサカまち基盤の大バングッズ。「芝川ビル」の冊子を購入。
大バングッズ


さて、午後1時。シンポジウムの開会です。朝日新聞社の方の挨拶の後、評論家・海野弘氏と橋爪紳也氏の対談です。
船場建築祭

今回橋爪先生が披露されていたのは戦前の古絵はがきです。いわゆる「大大阪(だいおおさか)」時代の大阪名所・観光地・近代建築など。橋爪先生はこれらを約2万点ほどお持ちだそうで、現在それらのデータベースを作成中だそうです。一部ですが、WEBで誰でも閲覧できます。
名づけて「大大阪タイムマシン」
現在の風景との比較という意味では実におもしろいです。私が好きな梅田・大阪界隈はまだ点数が少ないですが、今後増えていくとに期待。このデータベース、地図や航空写真、ウィキペディアにもリンクされていているのもすごいですね。

余談ですが、橋爪先生は今週から始まった朝ドラ「芋たこなんきん」の時代考証を担当されているそうです。このドラマ、大阪色がめちゃめちゃ強くておもしろい。だって初っ端から大阪の名所・近代建築のオンパレードですもん。しかもドラマ内ではひと言もどことは出てきませんが、舞台は船場界隈らしいです。で、私は第一話をひと目見てわかったのですが、度々登場する「純喫茶」。あれは芝川ビルですね。


船場建築祭

第2部
橋爪紳也氏/進行 五十嵐太郎氏(東北大学助教授) 中島直人氏(東京大学助手)中谷ノボル氏(建築家・アートアンドクラフト代表) 服部滋樹氏(graf代表)矢部智子氏(ライター)

この6人でのトークセッション。
船場建築祭

印象に残った話をいくつかピックアップ。
中島直人さんは相次ぐ近代建築の喪失と、超高層化について。東京の例として、近代建築を保存するとお金をもらえることを理由に、まるで近代建築を踏みつけるがごとくもとの建物の上に超高層の建物を造っている、という悪い例を紹介。もとにあった建物の景観を全く無視して毛色の違う建物を造ってしまうという例なども。
船場建築祭

船場建築祭

中谷ノボル氏はご本業の傍らダイビルで大阪名品喫茶「大大阪」を経営されています。ダイビルは3年後に解体が決まっていますが、解体が決まってから入られたそうです。普通よりちょっと濃いのが大大阪珈琲。ちなみに、ダイビルには二度行きましたが、「大大阪」まだ行っていないので、今度是非行こうと思います(^^ゞちなみに、大阪名品喫茶「大大阪」の名付け親はもちろん橋爪先生。
船場建築祭

矢部智子さんは、「建築が好き」って話をすると友達はみんなひいてしまうんだけど、そうじゃなくて「あの建物のあのお店がいいよね」って話をすると自然に会話がはずむ。「あの洋館て綺麗で素敵」って感覚って実は専門性より大事なことではないか。

↑全くの建築シロウトの私にはとても嬉しい言葉でした。そうなんです!私も感覚とかフィーリングで好きなんであって、難しいことはよくわかんない。でも、綺麗とか素敵とかいう感覚でいいんじゃないの?近代建築ってそういう魅力じゃないのって思うんですよね。

それと、最後に旧阪急梅田駅コンコースのことについて触れられ、「あれが日常の空間にあった贅沢」と思っていたドンピシャリの発言をされていたのが、めちゃくちゃ嬉しかった。矢部さんと後でお話ししたくてたまらなかったのですが、後に「船場建築ぶらりツアー」を申し込んでいたので、後ろ髪をひかれる思いで会場を後にしました。
(次回へ続く)

■冒頭写真
左上:芝川ビル、右上:綿業会館、左下:船場ビル、右下:伏見ビル(船場建築ぶらりツアーで行った四箇所です)

■今回のシンポジウムの詳細は10月16日の朝日新聞掲載予定だそうです。

■内容に間違いがありましたら、どうかご指摘ください。他に参加された方、補足などいただけるとありがたいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/90-79727175