綿業会館

さて、船場建築ぶらりツアーのトリは綿業会館です!
ずっと行きたかったのですが、なかなかチャンスがなく、ようやく見ることができて嬉し~い(^^)
歴史についてはウィキペディアを参照に。
綿業会館

綿業会館(めんぎょうかいかん)は大阪府大阪市中央区船場にあるルネサンス風の西洋館。三休橋筋に面して立つ。国指定重要文化財建造物。
1931年12月に日本綿業倶楽部の施設として竣工した。設計は渡辺節建築事務所で、設計主任は村野藤吾である。外観はアメリカのオフィスビル風でさりげないが、クラブ建築らしく内部は充実しており、室毎に異なるスタイルで装飾されている。ジャコビアン様式(イギリスの初期ルネサンス風)と言われる2階談話室は全室中最も豪華な部屋で、映画やドラマの撮影などにもよく使われる。
(ウィキペディアより引用)
▼エレベーターの装飾
綿業会館

▼ポスト。さすがに現在では使用されていません。
綿業会館

▼会員食堂
綿業会館

綿業会館

▼皇室の方をもてなすための部屋
綿業会館

▼椅子やテーブルの足がまるみをおびていて、角が立たないよう工夫されています。
綿業会館

綿業会館

▼二階で一番豪華な談話室です。
ドラマでよく使われるのはこの部屋で、10月9日の『芋たこなんきん』にも登場しました。
綿業会館

綿業会館

▼鏡の間
綿業会館

綿業会館

綿業会館

綿業会館

綿業会館の玄関で、今回ガイドしてくださった大バンのスタッフさんが挨拶されて解散。お疲れ様でした。今回、大バンのツアーに参加して本当によかったです。ありがとうございました。

余談ですが、大バンメンバーの中に私の父の教え子の方がいたり、今度のゴリモンさん主催の太陽の搭ツアー参加者と出会ったり、世間てなんて狭いんだろうと思った一日でした。
ツアーの間もまわりの方や大バンメンバーの方とお話できてすごく楽しかった。

阪急ビル画のポストカード
はとっても喜んでいただけました~♪やっぱり近代建築に興味がある方ばかりなので、「あ~!阪急だ~!」って感じですごく盛り上がりました。やっぱり阪急に思いいれある人と出会うと嬉しくなっちゃいますね~♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://norimi.blog45.fc2.com/tb.php/94-4a75bd65